勝負はこれから

フォローする

西武・菊池2冠 8年目にして大器が本領
編集委員 篠山正幸

(1/2ページ)
2017/10/31 6:30
保存
共有
印刷
その他

西武・菊池雄星(26)が8年目にして初めてタイトルを獲得、最多勝(16勝6敗)、防御率1位(1.97)の2冠を戴(いただ)いた。開花したとか、進化を遂げたとはいうまい。これくらいはやって当然の器だ。やっとその全体像が表れ始めた、という方が適切だろう。

菊池はクライマックスシリーズ第1ステージでも楽天を完封した=共同

菊池はクライマックスシリーズ第1ステージでも楽天を完封した=共同

3月31日、日本ハム戦で2年連続の開幕投手を務めて勝利。楽天に去った岸孝之に代わる柱として順調なスタートを切った。4月は1勝に終わったものの5月以降9月まで、3、2、3、3、2と順調に勝ち星を重ねて迎えた10月3日。

レギュラーシーズン最後の登板は調子が悪くてもまとめる、というエースの資質を存分に示した内容となった。2位か3位がかかった楽天との直接対決。三回に逆転を許したものの、すぐ再逆転してもらった後は七回の1失点のみに抑えた。

「ここで打たれたら前と一緒」

5-3で迎えた八回。球数はすでに112を数えていた。疲れの極限に達したところで、ゼラス・ウィーラー、島内宏明を連続して歩かせた。銀次のバントを自ら処理して三塁に放ったがセーフとなり、犠打野選。無死満塁となった。

しかし「ここで打たれたら前と一緒」と気合をみなぎらせて踏ん張った。代打の中川大志、足立祐一を連続三振。嶋基宏を中飛に仕留め、無失点で切り抜けた。

「前と一緒」の「前」は大器と期待されながら、9勝どまりだった一昨年までの自分のことを指していたのだろうか。

勝負どころで打たれる、勝ちきれない投手に終止符を打つ――。初めて2桁勝利(12勝)を挙げた昨年から2年がかりの作業が"完工"となった瞬間だった。

九回はマウンドを譲ったが、8回137球、失点3(自責点1)で勝利。3位楽天を突き放し、2位をほぼ確定させる白星となった。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

電子版トップスポーツトップ

勝負はこれから 一覧

フォローする
ワールドトライアウトで東尾修氏(左)と対談する清原氏。西武から巨人に移籍した経緯など、秘話が披露された

 1980年代から2000年代を代表する打者である清原和博氏(52)が、ファンの声援を背に、球場に帰ってきた。11月30日、神宮球場で行われた野球選手の再チャレンジを支援するイベントに、監督として参加 …続き (12/10)

米大リーグ挑戦についての記者会見を終え、ポーズをとる巨人の山口俊投手(中央)。左は原監督、右は今村球団社長(18日)=共同共同

 1998年、日米球界間の移籍の新たな「通路」として導入されたポスティング(入札)制度はフリーエージェント(FA)権を獲得する前の「旬」の選手のメジャー挑戦を可能にする一方、日本プロ野球の空洞化をもた …続き (11/26)

野球には見るものに思わず「アウト」「セーフ」と言わせるような気迫に満ちたクロスプレーもある(「プレミア12」の日本―ベネズエラ戦)=共同共同

 野球の判定に、どこまで「機械の目」を導入すべきか――。改めて考えさせられる場面が、ナショナルズとアストロズが“世界一”を争った今年のワールドシリーズで見受けられた。
 2勝2敗で迎えた第5戦(10月2 …続き (11/12)

ハイライト・スポーツ

[PR]