2018年1月21日(日)

勝負はこれから

フォローする

西武・菊池2冠 8年目にして大器が本領
編集委員 篠山正幸

(1/2ページ)
2017/10/31 6:30
保存
共有
印刷
その他

 西武・菊池雄星(26)が8年目にして初めてタイトルを獲得、最多勝(16勝6敗)、防御率1位(1.97)の2冠を戴(いただ)いた。開花したとか、進化を遂げたとはいうまい。これくらいはやって当然の器だ。やっとその全体像が表れ始めた、という方が適切だろう。

菊池はクライマックスシリーズ第1ステージでも楽天を完封した=共同

菊池はクライマックスシリーズ第1ステージでも楽天を完封した=共同

 3月31日、日本ハム戦で2年連続の開幕投手を務めて勝利。楽天に去った岸孝之に代わる柱として順調なスタートを切った。4月は1勝に終わったものの5月以降9月まで、3、2、3、3、2と順調に勝ち星を重ねて迎えた10月3日。

 レギュラーシーズン最後の登板は調子が悪くてもまとめる、というエースの資質を存分に示した内容となった。2位か3位がかかった楽天との直接対決。三回に逆転を許したものの、すぐ再逆転してもらった後は七回の1失点のみに抑えた。

「ここで打たれたら前と一緒」

 5―3で迎えた八回。球数はすでに112を数えていた。疲れの極限に達したところで、ゼラス・ウィーラー、島内宏明を連続して歩かせた。銀次のバントを自ら処理して三塁に放ったがセーフとなり、犠打野選。無死満塁となった。

 しかし「ここで打たれたら前と一緒」と気合をみなぎらせて踏ん張った。代打の中川大志、足立祐一を連続三振。嶋基宏を中飛に仕留め、無失点で切り抜けた。

 「前と一緒」の「前」は大器と期待されながら、9勝どまりだった一昨年までの自分のことを指していたのだろうか。

 勝負どころで打たれる、勝ちきれない投手に終止符を打つ――。初めて2桁勝利(12勝)を挙げた昨年から2年がかりの作業が“完工”となった瞬間だった。

 九回はマウンドを譲ったが、8回137球、失点3(自責点1)で勝利。3位楽天を突き放し、2位をほぼ確定させる白星となった。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球コラム

勝負はこれから 一覧

フォローする
社会貢献が認められて表彰式に臨む岩田(右)

 「1型糖尿病」と戦いながら投げ続ける阪神・岩田稔(34)はスポーツ選手の社会との関わり方を考えさせてくれる存在だ。大阪桐蔭高卒業時、病気のために社会人チームの内定取り消しの憂き目に遭っている。そうし …続き (1/9)

経験は浅いが、伸びしろがある浅利のフォーム

 谷沢健一さん(元中日)が率いる千葉・柏のクラブチームに、野手から投手に転向し、プロを目指す選手がいる。「投手から野手」は珍しくないが「野手から投手」はアマチュアでも簡単なことではない。転身を支えるの …続き (2017/12/26)

東日本選手権の1回戦で仙台大に逆転勝ちして喜ぶ東大ナイン

 東大が東京六大学軟式野球の秋のリーグ戦で優勝、東日本大学選手権でもベスト8入りの快進撃をみせた。浪人生など、野球のブランクが長かった選手も少なくない。ハンディをどうやって克服したのか。
 軟式のリーグ …続き (2017/12/12)

ハイライト・スポーツ

[PR]