2018年12月19日(水)
スポーツ > 競馬 > 栗東通信 > 記事

栗東通信

フォローする

名牝の産駒、素質示す初勝利 クラシックで活躍期待

2017/10/28 6:30
保存
共有
印刷
その他

現役時代に活躍した馬が引退して親となり、その子供が競馬場で走る姿を見る。これは競馬ファンにとって、大きな楽しみのひとつだろう。

今年もG1をいくつも勝った名牝の産駒が、2歳戦で勝ち上がった。9日には2011年のジャパンカップなど、6つのG1を勝ったブエナビスタ(11歳)の娘、ソシアルクラブ(栗東・池添学厩舎)がデビュー戦を勝った。07年に牝馬として64年ぶりの日本ダービー制覇を成し遂げたウオッカ(13歳)の子も、9月に初勝利を挙げた。

ソシアルクラブは見事な末脚で新馬戦を勝った

ソシアルクラブは見事な末脚で新馬戦を勝った

ソシアルクラブは京都芝1600メートルの牝馬限定の新馬戦で初戦を迎えた。道中は後方の馬群の中を追走。最後の直線で馬群の外側に出して進路を確保すると、目の覚めるような末脚で追い上げ、ラストの200メートルだけで10頭ほどをごぼう抜きにした。

鋭い末脚が武器だった母を思い出させるような勝ちっぷり。池添調教師は「届かないかと思ったが、きっちり勝ちきってくれた。うまく競馬をしてくれた」。騎手の岩田康誠も「すごい脚だった」と感心する。

ブエナビスタの初めての子は昨年デビューしたコロナシオン(牝3)。妹と同じく池添調教師が手掛け、デビュー戦を勝った。ただその後は、なかなか勝てずに条件クラスでくすぶる。

妹が順調に出世できるか気になるところだが、デビュー戦のウオーミングアップの時からフットワークの硬さが目立った姉とは対照的に、妹は硬さをみせず、伸びやかに走っていた。能力、将来性は妹の方が上と思われる。

デビュー2戦目となった9月18日の未勝利戦(阪神芝2000メートル)で初勝利を挙げたウオッカの子、タニノフランケル(牡、栗東・角居勝彦厩舎)も兄や姉たちと比べると、素質がありそうだ。ウオッカの子は鈍重さを感じさせる馬が多く、2つ上の姉、タニノアーバンシー(4歳、同)が4勝を挙げる以外は目立った活躍馬がいない。

ただタニノフランケルは体重が520キロ台と大きな馬体を誇りながらも、重さを感じさせない。父は現役時代に英国で14戦無敗のフランケルと、血統もかなりのものだ。「いい体の使い方をする」と初勝利時に騎乗した福永祐一も高評価を与える。不良馬場で行われたアイビーステークス(10月21日、東京芝1800メートル)では3着に敗れたが、まだ成長が見込めそうだ。

2頭とも、母が活躍したクラシックの舞台に駒を進められるかもしれない。今後のレースぶりも注目を集めそうだ。

(関根慶太郎)

栗東通信をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

栗東通信 一覧

フォローする
リスグラシューがエリザベス女王杯を勝ってから関西馬のG1勝利はない=共同共同

 秋のG1戦線で関西馬の勝ち星が減っている。9月末のスプリンターズステークス(中山芝1200メートル)からこれまでに7戦のG1が行われたが、関西馬はわずかに2勝。前年同期の6勝から大幅に減り、スプリン …続き (12/1)

クラシックの有力馬の一角、ケイティブレイブ(栗東トレーニング・センター)

 日本中央競馬会(JRA)の競馬場で「地方の祭典」――。地方競馬場の持ち回りで行われていたJBC(ジャパン・ブリーディングファームズカップ)が4日、京都競馬場で行われる。中央の競馬場でJBCを開催する …続き (11/4)

ワグネリアンは距離適性を重視され天皇賞・秋へ向かう(栗東トレーニング・センター)

 9月23日に阪神競馬場で行われたG2、神戸新聞杯(芝2400メートル)で春にクラシックを勝った3歳牡馬2頭が激突した。5月の日本ダービー(G1)を制したワグネリアン(栗東・友道康夫厩舎)が勝ち、4月 …続き (10/7)

ハイライト・スポーツ

[PR]