戒名は自分でつけていいのだ 社会学者 橋爪大三郎

2017/11/21 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

戒名の話をしよう。

死んだら戒名をつけてもらう。僧侶が読経し、お寺の墓地に埋葬する。それが仏教の決まりだ、と思っているひとが多い。

はっきり言おう。こんなやり方は日本だけ。そもそも戒名なんて、インドや中国にはない。出家した僧侶が、名前をもらうことなら中国にもある。でも、在家の信徒が死んだら新しく名前をつけなさい、なんてどの仏典にも書いてないのだ。

江戸時代に、戒名が広まった。明治になって、戦死し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]