/

この記事は会員限定です

日米FTA「強い関心」は本当? 解釈割れる政府

[有料会員限定]

トランプ米大統領の来日まで1週間余り。経済分野では自由貿易協定(FTA)をめぐる議論が最大の焦点となる。米側の出方を探った16日の経済対話ではペンス米副大統領がFTAに「強い関心」を示したと報じられた。だが日本政府は「ペンス氏は少し触れた程度」と、強い関心を示したとの当初の説明を修正し始めた。水面下で何が起きているのか。

「関係者によって説明が違う」。経済団体幹部は日米FTAをめぐる悩みをもらす。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り916文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン