2019年5月23日(木)

第四銀行と北越銀行 経営統合時期の延期で最終調整

2017/10/27 10:50
保存
共有
印刷
その他

新潟県に本店を置く第四銀行(新潟市)と北越銀行(長岡市)は、来年4月に予定していた経営統合を延期する方向で最終調整に入った。両行の統合後は新潟県内での貸出金シェアが約5割を超える見込みで、公正取引委員会の審査が想定よりも長引いているため。27日午後に開く取締役会で正式に決める。

両行は4月に2018年4月の経営統合で基本合意し、6月には公正取引委員会に経営統合の審査を求める届け出書を提出した。公取は7月に1次審査でより詳細な審査が必要だと判断。2次審査に入り、経営統合が競争環境に与える影響について第三者から意見を募集したり、両行に追加の資料の提出を求めたりするなど、審査を進めていた。

しかし当初想定したよりも公取の審査が長引いたことで、当初の予定では10月中としていた最終合意が難しい情勢となり、統合時期を延期する判断に傾いたとみられる。両行は27日午前、「統合に関するスケジュール変更については本日開催の取締役会に付議する予定」とのコメントを発表した。

地銀の統合を巡っては、長崎県ではふくおかフィナンシャルグループ十八銀行の経営統合について、公取委が競争環境への懸念を指摘し、再延期となった経緯がある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報