/

男性公務員の育休取得率、過去最高の8%

梶山弘志行政改革相は27日の閣議後の記者会見で、2016年度に育児休業を新たに取得した男性の国家公務員の割合は8.2%だったと発表した。前年度に比べて2.7ポイント増え過去最高だった。20年までに13%に増やす政府目標には届かなかった。

府省庁別では厚生労働省(40.9%)や財務省(24.3%)などが高く、防衛省(1.4%)や国土交通省(4.9%)などは低かった。妻の産休中に計5日以上の休暇を取得した男性職員は39.1%で、前年度より8.3ポイント増えた。

中央省庁の課長・室長級に占める女性の割合は今年7月時点で4.4%だった。昨年同月より0.3ポイント増え過去最高となった。20年度末までに7%に増やす政府目標には及ばなかった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません