/

この記事は会員限定です

スバル無資格検査、30年以上前からか 社長が認める

(更新) [有料会員限定]

SUBARU(スバル)が自動車の完成検査員の資格がない従業員に検査をさせていた問題で、無資格検査が常態化していたことが27日明らかになった。30年以上前から続いていた可能性がある。有資格者の判子を使って、適切に検査していたように装っていた。日産自動車に続き他社でも検査の不正が発覚したことで、日本車の品質管理への信頼が揺らぎそうだ。

スバルの吉永泰之社長は同日朝、日本経済新聞などの取材に「研修中の従業員が完成検査に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り711文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン