/

選管職員事故で川西市役所捜索 残業100時間超

兵庫県川西市で21日、衆院選の期日前投票所の片付けに向かう途中の市選挙管理委員会の男性職員(51)が公用のワゴン車を運転中、軽乗用車と正面衝突し2人が死傷した事故があり、県警川西署が同市役所を家宅捜索したことが26日、同署への取材で分かった。

職員が事故までの約1カ月間で100時間以上の残業をしていたことも市への取材で判明した。

職員は自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で現行犯逮捕され、その後釈放された。同署は勤務実態を調べるなどして事故原因の特定を進める。

市によると、職員は選管事務局主幹で期日前投票の管理などを担当。9月19日以降、休日がなく、遅い日は午後11時ごろまで勤務していた。同市では今回から小選挙区の区割りが変更され、仕事量が増えたという。

事故は21日午後4時50分ごろ、川西市の国道173号で発生。軽乗用車の女性(66)が死亡、同乗の女性(59)も重傷を負った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン