スズキ、インドで上級車向け新サービス拠点 20年に300カ所
高額所得者取り込みへ

2017/10/27 1:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スズキはインドで富裕層を対象にした車の新サービス拠点を展開する。修理や点検の履歴をタブレット端末で顧客ごとに管理し、担当スタッフが必要なサービスを推奨する。2020年までに300カ所を設置する。インドは所得向上で都市部を中心に価格の高い車種の販売が増える見込み。きめ細かいサービスを提供して上級車の販売を強化する。

新たなサービス拠点は「ネクサ・サービス」の名称で展開する。スマートフォン(スマホ)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]