/

この記事は会員限定です

洸陽電機、電力需要をAIで予測 コスト減で料金引き下げ

[有料会員限定]

エネルギー関連事業を手掛ける洸陽電機(神戸市)は人工知能(AI)を新電力の運用に導入する。気象などのデータをもとに電力需要を予測するシステムを2018年4月に導入し、調達を効率化する。コスト削減を織り込み、10月から関西エリアの電気料金を引き下げた。電力大手などからの切り替えを目指す。

新システムでは気象条件のほか、年末年始といった電力利用量を左右する社会的要因をAIが分析する。需要予測の時間を1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り315文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン