/

この記事は会員限定です

南海トラフ巨大地震情報、政府避難は呼びかけず

「空振り」の可能性も 混乱防止が課題

[有料会員限定]

確度の高い「予知情報」を出せないから「警戒情報」を出す――。気象庁が南海トラフ地震関連情報の発信を始める理由は、「予知ができる」とした従来の防災対応を約40年ぶりに見直し、「予知は難しい」との立場から巨大地震発生の恐れがある段階で情報を出す対応に転換したためだ。

だが、現時点では地震関連情報の精度は不透明で、政府は住民に注意を促すだけで事前避難などは呼びかけない。情報を受けて自治体が事前避難を呼び...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り431文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン