/

知花さん短歌賞で入選 カン・ハンナさんも

角川文化振興財団主催の第63回角川短歌賞で、モデルの知花くららさん(35)と、タレントのカン・ハンナさん(36)が入選したことが26日、分かった。25日発行の雑誌「短歌」(同財団)で発表された。角川短歌賞は歌壇の登竜門とされる新人賞で、俵万智さんらを輩出したことで知られる。

ハンナさんはソウル生まれ。日本の大学院に通いながらタレント活動をし、NHKの短歌番組にも出演。大賞に次ぐ次席に選ばれた「膨らんだ風船抱いて」50首は、〈「竹島」と「靖国神社」を聞くごとに水を飲んでも止まぬしゃっくり〉など日韓の複雑な関係を自らに引き付けた点が、評価された。

次席に次ぐ佳作だった知花さんの「ナイルパーチの鱗」50首は、〈こめかみに刺さる視線 錆びたねぢをばらまいたやうな難民キャンプで〉など、国連の世界食糧計画(WFP)の日本大使として、シリア難民の支援に携わった経験を詠んだ。

ハンナさんは「日本に来て短歌に出合えて本当に良かった。美しい日本語の魅力を世界にも発信していきたい」。知花さんも「国連の活動での出会いが歌を詠む原動力になった。これからも大好きな歌を続けていきたい」とコメントしている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン