2019年4月20日(土)

メディシノバ、多発性硬化症の治験成功

2017/10/26 20:33
保存
共有
印刷
その他

創薬ベンチャーのメディシノバは26日、米国で開発していた薬剤「イブジラスト」の中期臨床試験(治験)が成功したと発表した。四肢のまひや感覚障害が生じる多発性硬化症を対象にした試験で、治療の効果を確認できた。詳しい結果の内容は28日にフランスのパリで開く多発性硬化症の学会で発表する。

多発性硬化症は自己免疫性の神経疾患で、原因ははっきりとは解明されていない。患者は世界に230万人程度おり、治療薬の市場規模は約2兆円ある。

経口薬のニーズが特に高い。田辺三菱製薬が創製した経口薬「ジレニア」は、発売後5年で年間3000億円を売り上げるグローバル製品となった。メディシノバが中期の治験に成功したイブジラストも経口薬で、上市できれば大型薬になる可能性がある。

イブジラストは杏林製薬が国内でぜんそくなどの薬として長年販売しており、安全性は確認されている。多発性硬化症への効果も期待され、同社が試験を始めていた。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報