/

メディシノバ、多発性硬化症の治験成功

創薬ベンチャーのメディシノバは26日、米国で開発していた薬剤「イブジラスト」の中期臨床試験(治験)が成功したと発表した。四肢のまひや感覚障害が生じる多発性硬化症を対象にした試験で、治療の効果を確認できた。詳しい結果の内容は28日にフランスのパリで開く多発性硬化症の学会で発表する。

多発性硬化症は自己免疫性の神経疾患で、原因ははっきりとは解明されていない。患者は世界に230万人程度おり、治療薬の市場規模は約2兆円ある。

経口薬のニーズが特に高い。田辺三菱製薬が創製した経口薬「ジレニア」は、発売後5年で年間3000億円を売り上げるグローバル製品となった。メディシノバが中期の治験に成功したイブジラストも経口薬で、上市できれば大型薬になる可能性がある。

イブジラストは杏林製薬が国内でぜんそくなどの薬として長年販売しており、安全性は確認されている。多発性硬化症への効果も期待され、同社が試験を始めていた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン