2018年10月22日(月)

スペシャル

フォローする

早実・清宮「日本ハムとすごく縁があったのかな」

(1/3ページ)
2017/10/26 21:18
保存
共有
印刷
その他

日本ハムにドラフト1位で指名された早実の清宮幸太郎選手(18)の一問一答は以下の通り。

「まず、きょうという日を迎えられたことに、今までお世話になった方々に感謝したい。一番感謝しなければいけないのは両親。このような形で指名していただき、やっとスタートラインに立てた気持ち。まだまだ自分は何も成し遂げていないので、これからしっかり鍛錬して、みんなに目指される選手になりたい」

日本ハムから1位指名を受け、チームメートに肩車される清宮=共同

日本ハムから1位指名を受け、チームメートに肩車される清宮=共同

――7球団から指名された気持ちは?

「今までずっと見ている立場だったので、フワフワした気持ち。今までにない感情がすごくあった」

――日本ハムが交渉権を得た。

「ものすごくいい選手がたくさんいますし、いいチームだなというイメージがある。うれしく思っています」

――ここまでのご自身の活躍、高校通算111本塁打について。

「高校野球の中では111本塁打という記録を残せたが、プロの世界は全く別の世界と思っている。いつまでも甘んずることなく、プロの世界に入ったらしっかり練習して鍛錬して磨きをかけたい」

――小学校の頃から憧れた舞台。どのように活躍をつかみとりたいか。

「まだ自分自身、何も成績を残していないのでどうこう言えないが、やっぱり甘えることなく、自分のやるべきことをして自分自身を信じてプロの世界でもやっていきたい」

――3年間仲間と、キャプテンとして早実で学んだ。

「1年ごとに立場が変わり、いろんな経験をさせてもらった。この3年間で自分の人生が大きく変わったと思っている。3年間思うように練習させていただけましたし、自分を信じて練習をやってきたからこそ今の自分があると思っている。3年間でそういったことを気づかされたというか、学んだと思っている」

――清宮家の中で会議が行われたと聞く。進路についてどのような話し合いをしたのか。

「父と母は大学を出ているので、大学のよさもわかっていたので、いろいろ話をしたが、それでも自分が選ぶ道を応援してサポートする姿勢だったので、自分がプロの世界に行きたいという思いが強かった」

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
9月17日のソフトバンク戦で放った先制満塁本塁打は「記憶に残る一打になると思う」

 強力打線で首位を走ってきた西武が30日、歓喜のときを迎えた。2008年以来、10年ぶり22度目(西鉄時代を含む)のリーグ優勝。西武ひと筋17年、ここぞの一振りで勝利に貢献してきた栗山巧選手(35)に …続き (9/30)

クロマティ氏は活動の拠点を日本に移した

 1980年代に巨人で活躍したウォーレン・クロマティ氏(64)が今年から日本を拠点に活動している。1月に歴史をテーマにした衛星放送「ヒストリーチャンネル」を運営するエーアンドイーネットワークスジャパン …続き (7/18)

川端(左)は今季、首位打者奪還を目指す。加藤は「打率3割5分が目標」と語る

 女子プロ野球をご存じだろうか。間もなくシーズンが開幕するのはプロ野球、大学野球、高校野球だけではない。日本女子プロ野球リーグも3月21日からリーグ戦が始まる。紀貫之著、土佐日記の冒頭を借りれば、「男 …続き (3/12)

ハイライト・スポーツ

[PR]