2018年1月19日(金)

スペシャル

フォローする

早実・清宮「日本ハムとすごく縁があったのかな」

(1/3ページ)
2017/10/26 21:18
保存
共有
印刷
その他

 日本ハムにドラフト1位で指名された早実の清宮幸太郎選手(18)の一問一答は以下の通り。

 「まず、きょうという日を迎えられたことに、今までお世話になった方々に感謝したい。一番感謝しなければいけないのは両親。このような形で指名していただき、やっとスタートラインに立てた気持ち。まだまだ自分は何も成し遂げていないので、これからしっかり鍛錬して、みんなに目指される選手になりたい」

日本ハムから1位指名を受け、チームメートに肩車される清宮=共同

日本ハムから1位指名を受け、チームメートに肩車される清宮=共同

 ――7球団から指名された気持ちは?

 「今までずっと見ている立場だったので、フワフワした気持ち。今までにない感情がすごくあった」

 ――日本ハムが交渉権を得た。

 「ものすごくいい選手がたくさんいますし、いいチームだなというイメージがある。うれしく思っています」

 ――ここまでのご自身の活躍、高校通算111本塁打について。

 「高校野球の中では111本塁打という記録を残せたが、プロの世界は全く別の世界と思っている。いつまでも甘んずることなく、プロの世界に入ったらしっかり練習して鍛錬して磨きをかけたい」

 ――小学校の頃から憧れた舞台。どのように活躍をつかみとりたいか。

 「まだ自分自身、何も成績を残していないのでどうこう言えないが、やっぱり甘えることなく、自分のやるべきことをして自分自身を信じてプロの世界でもやっていきたい」

 ――3年間仲間と、キャプテンとして早実で学んだ。

 「1年ごとに立場が変わり、いろんな経験をさせてもらった。この3年間で自分の人生が大きく変わったと思っている。3年間思うように練習させていただけましたし、自分を信じて練習をやってきたからこそ今の自分があると思っている。3年間でそういったことを気づかされたというか、学んだと思っている」

 ――清宮家の中で会議が行われたと聞く。進路についてどのような話し合いをしたのか。

 「父と母は大学を出ているので、大学のよさもわかっていたので、いろいろ話をしたが、それでも自分が選ぶ道を応援してサポートする姿勢だったので、自分がプロの世界に行きたいという思いが強かった」

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
昨年11月下旬の第1回では米大リーグ・ドジャースに在籍する佐藤弥生さんが講師役を務めた。

 プロスポーツ界の先進事例を学ぼうと、パ・リーグ6球団の共同事業会社であるパシフィック・リーグマーケティング(PLM)が今オフからビジネススクールを開設している。球界全体の活性化と人材育成を目的とし、 …続き (1/7)

16年から選手やファンのアップ映像を増やした=日本ハム提供日本ハム提供

 普段見ているプロ野球中継はどれほど魅力的で、ファンの創出につながっているのか――。そんな研究を、スポーツビジネスを専門とする立命館大の種子田穣教授が日本ハムと共同で行った。米大リーグや韓国プロ野球と …続き (2017/12/21)

大谷は記者会見で「自分をもっと磨きたい」と語った

 投打の「二刀流」で活躍するプロ野球日本ハムの大谷翔平選手(23)が11日、東京都内の日本記者クラブで記者会見し、「来年以降、米国で頑張りたい。一番の選手になりたい」と今オフの米大リーグ挑戦を正式に表 …続き (2017/11/11)

ハイライト・スポーツ

[PR]