/

この記事は会員限定です

欧州で広がる「右傾ドミノ」 「反難民」などに支持

[有料会員限定]

【ジュネーブ=細川倫太郎】各国で国政選挙が続く2017年の欧州政治では、極右やポピュリズム政党の台頭が際立つ。第1党には届かないものの大きく躍進するケースが相次ぐ「ドミノ現象」が発生。欧州各国の政治の枠組みを揺さぶっている。

5月の仏大統領選挙では極右政党、国民戦線(FN)のルペン候補が行き過ぎた経済統合が格差を生んでいると主張。反EUを掲げて、決選投票まで進んだ。最後はマクロン氏に大差で敗れた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り382文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン