2019年6月18日(火)

プロ野球

清宮は日本ハムが交渉権 履正社・安田はロッテ

2017/10/26 17:41
保存
共有
印刷
その他

日本ハムが交渉権を獲得し、記者会見で笑顔を見せる早実高の清宮幸太郎選手(26日午後、東京都国分寺市)

日本ハムが交渉権を獲得し、記者会見で笑顔を見せる早実高の清宮幸太郎選手(26日午後、東京都国分寺市)

プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が26日、東京都内のホテルで行われ、高校通算最多とされる111本塁打を放った清宮幸太郎内野手(東京・早実高)は7球団が競合し、日本ハムが抽選の末、交渉権を獲得した。過去最多の競合となった1989年の野茂英雄投手(新日鉄堺)と90年の小池秀郎投手(亜大)の8球団には届かなかった。

清宮を巡っては、事前に1位指名を表明していたソフトバンク、阪神、ヤクルトの他に、ロッテ、日本ハム、巨人、楽天が参戦。日本ハムの木田優夫GM補佐が左手で引き当てた。

7球団が1位指名で競合した早実高の清宮幸太郎内野手を引き当て、喜ぶ日本ハムの木田優夫GM補佐=左から3人目(26日午後、東京都内のホテル)=共同

7球団が1位指名で競合した早実高の清宮幸太郎内野手を引き当て、喜ぶ日本ハムの木田優夫GM補佐=左から3人目(26日午後、東京都内のホテル)=共同

今年は高校生野手が逸材ぞろい。今夏の甲子園で大会新記録の6本塁打を放った中村奨成捕手(広島・広陵高)は中日と広島が競合して広島に、即戦力左腕とし期待される田嶋大樹(JR東日本)はオリックスと西武が競合してオリックスが交渉権を獲得。

188センチ、95キロと恵まれた体格で長打力が魅力の大阪・履正社高の安田尚憲内野手は、清宮をくじで外したロッテが交渉権を獲得した。左腕の東克樹(立命大)はDeNAが単独で1位指名した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

4回中日2死一塁、藤井が右翼線に適時2塁打を放つ(17日、ZOZOマリン)=共同

【中日5―4ロッテ】中日は0―2の四回に大島、ビシエドの連続適時打と藤井の二塁打などで4点を奪った。ロメロは11奪三振の7回4失点で4勝目。R・マルティネスが2セーブ目。ロッテは初登板の中村稔が崩れ、 …続き (17日 21:48)

 プロ野球のマイナビオールスターゲーム2019(第1戦=7月12日・東京ドーム、第2戦=同13日・甲子園)のファン投票中間発表の最終回が17日に行われ、阪神がセ、パ両リーグを通じて最多の4部門でトップ …続き (17日 17:02)

四回西武1死二塁、森が右中間に勝ち越し二塁打を放つ=共同

 西武とヤクルトはともに攻めは派手だが、失点数はそれぞれのリーグで目下ワーストだ。数字が表すとおりの、にぎやかな点の奪い合い。勝負の分かれ目は序盤にあった。
16日のプロ野球 結果と戦評

 二回無死、 …続き (16日 20:05)

ハイライト・スポーツ

[PR]