2017年11月19日(日)

中央線「スーパーあずさ」に新型車両 12月23日導入

食品・サービス
北関東・信越
2017/10/26 21:30
保存
共有
印刷
その他

 JR東日本長野支社は26日、中央本線の特急「スーパーあずさ」の一部を新型のE353系に12月23日から切り替えると発表した。現行のE351系と比べて最高速度や所要時間に変更はないが、左右の揺れが少ない構造にするなど乗り心地や客室設備を向上させた。切り替えは現行のE351系の登場以来、24年ぶり。

12月23日から中央本線でスーパーあずさとして運行するE353系

 当面は9両3編成と付属の3両3編成の計36両を導入し、スーパーあずさの運行本数の半分にあたる4往復8本を新型車両に変更する。下りは1、11、23、29号、上りは4、18、22、36号が新型車両になる。

 E353系は空気ばね式車体傾斜装置を導入し、振り子式の351系より左右の揺れを抑えて自然な乗り心地にした。動揺防止制御装置も全車に搭載している。

 客室設備では車内にLED間接照明を採用し、各座席にノートパソコンを置けるテーブルとコンセントを設置した。空調は座席ごとに調整できるよう個別吹き出しにし、空気清浄機も置く。荷物置き場は2両に1カ所程度設置し、各デッキに防犯カメラも備えている。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

スーパーあずさJR東日本



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報