/

屋根スペースを最大限活用 住宅太陽光用パワコン

日経テクノロジーオンライン
XL-PSME55L(出所:エクソル)

エクソル(京都市)は4回路を入力できる住宅太陽光発電システム用パワーコンディショナー(PCS)「XL-PSME55L」の販売を開始する。2017年10月17日に発表した。設置レイアウトの自由度が高く、屋根スペースを最大限に活用して太陽光パネルを設置できるという。変換効率は96%。希望小売価格は52万8000円(税別)。

自動昇圧機能により、屋根面(回路)ごとに太陽光パネルの枚数をそろえる必要がなく、自由にレイアウトできる。従来の機種では、屋根にスペースがあっても屋根面(回路)ごとにパネルの枚数(合計出力)をそろえる必要があった。

騒音レベルは33dB以下と、「人のささやき声」程度に抑えた。環境基本法に基づく環境基準で「療養施設、社会福祉施設等が集合して設置される地域など特に静穏を要する地域」(AA)の基準値(昼間50dB以下、夜間40dB以下)を下回る。

入力回路数は4回路、定格出力は5.5kW、定格出力電圧はAC202V。連系保護機能や出力制御機能を備える。屋内外設置兼用型で塩害仕様の構造を採用し、海岸から50m以内または海水の直接かかる重塩害地域以外であれば設置できる。本体寸法は630×225×400mm、重さは32.7kg。

(ライター 工藤宗介)

[日経テクノロジーオンライン 2017年10月26日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン