/

全日空、ベトナム航空と共同運航拡大

ベトナム―カンボジア間

全日本空輸は26日、提携するベトナム航空との共同運航(コードシェア)を拡大すると発表した。10月末からベトナム―カンボジア間の路線を共同運航にして観光需要を取り込む。飛行機に乗るとたまるマイルの相互連携も拡大した。顧客の囲い込みにつなげる。

10月29日からベトナムのハノイを出発しカンボジアのシエムレアプに到着する便と、シエムレアプを出発してホーチミンに到着する便の共同運航を始める。観光地のアンコール遺跡群を訪れる人の需要などを掘り起こす。

9月からはマイルの積算対象を共同運航する路線の全ての搭乗便に拡大した。これまでよりもマイルがたまりやすくなるため、ビジネス渡航で頻繁に乗る顧客の囲い込みなどにつなげる。

全日空は2016年にベトナム航空と資本・業務提携した。両社はすでに日本―ベトナム路線や日越それぞれの国内線で共同運航を始めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン