/

割安ホテルのファーストキャビン、関西鉄道と相次ぎ提携

高級カプセルホテルを運営するファーストキャビン(東京・千代田)が関西の鉄道会社と提携して、関西エリアで出店を加速している。28日にはJR西日本の福利厚生施設を改築したホテルを大阪市阿倍野区に開く。訪日客が増えるなか、鉄道会社の不動産や資本力を活用して関西地域に力を入れている。

28日に開く「ファーストキャビンステーションあべの荘」は鉄道の車内をモチーフにして内装に凝った。2月に設立したJR西との共同出資会社が運営を担う。JR西のホテルはこれまで高級志向が多かったが、やや低価格の分野にも力を入れる。沿線を中心に5年以内に30施設を開く予定だ。

ファーストキャビンは阪急阪神ホールディングス(HD)とも提携。31日に大阪・西梅田に「ファーストキャビン阪神西梅田」を開業する。線路の跡地を利用、阪急阪神HD子会社が運営にあたる。

このほかファーストキャビンは京都・三条の近鉄グループの所有ビルに12月をめどにホテルを開設。2018年3月には京福電気鉄道の嵐山駅(京都市)に直結したホテルも開業する予定だ。

ファーストキャビンは現在全国で14施設を運営するが、関西地域では3施設にとどまる。22年までに海外にも進出し、国内外で100施設の展開を目指している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン