小池代表に辞任要求相次ぐ 希望両院懇、本人は続投表明

2017/10/25 18:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

希望の党は25日、国会内で両院議員懇談会を開いた。小池百合子代表(東京都知事)は衆院選に敗北した責任を認めて謝罪する一方、代表を続投する意向を表明した。ただ、出席者からは、希望への合流をめざした民進党のリベラル派を「排除する」などと発言して不信を招いた小池氏に代表辞任を要求する声が相次ぎ、3時間超に及んだ会合は紛糾した。

国会内の会議室に姿を現した小池氏は、参加した約50人の当選者に自ら歩み寄っ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]