/

この記事は会員限定です

政府、「ネット投票」検討へ 開票の効率化狙う

実現へ課題多く

[有料会員限定]

自宅のパソコンやスマートフォンなどで投票できるインターネット投票の解禁に向けた機運が高まっている。今回の衆院選では、台風の影響で一部の自治体が即日開票できず、若者や有識者らから「ネットを活用し投開票の効率化を図るべきだ」との声が出ている。投票率アップにつながる可能性もあるが、乗り越えるべき課題は多い。

野田聖子総務相は24日の閣議後の記者会見で、現行の投開票の手法について「ネットを活用した取り組み...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1080文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン