2019年6月18日(火)

政府、「ネット投票」検討へ 開票の効率化狙う
実現へ課題多く

衆院選2017
2017/10/25 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自宅のパソコンやスマートフォンなどで投票できるインターネット投票の解禁に向けた機運が高まっている。今回の衆院選では、台風の影響で一部の自治体が即日開票できず、若者や有識者らから「ネットを活用し投開票の効率化を図るべきだ」との声が出ている。投票率アップにつながる可能性もあるが、乗り越えるべき課題は多い。

野田聖子総務相は24日の閣議後の記者会見で、現行の投開票の手法について「ネットを活用した取り組…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報