/

受動喫煙防止、議論再開 自民たばこ議連

自民党のたばこ議員連盟(会長・野田毅元自治相)は25日の総会で、受動喫煙防止対策の議論を再開した。野田氏は「法案化をめざして話し合いを進める。対策を促進する予算などを政府に求めたい」と述べた。政府・与党は防止対策を盛り込む健康増進法改正案の国会提出をめざしているが、規制の厳しさをめぐる意見の隔たりなどで調整がついていない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン