2019年2月24日(日)

高額薬、費用対効果なぜ必要? 医療保険財政を圧迫

2017/10/25 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省が薬の費用対効果を価格に反映させるしくみを巡る議論を進めている。日本にはなかった制度をなぜいまつくる必要があるのか。主な論点をまとめた。

Q 議論を始めることになった理由は。

A 「超高額薬」の登場が相次ぎ、医療保険財政を圧迫している点が大きい。投薬する場合は自己負担もするが、税金や保険料にも費用負担が回る。抗がん剤「オプジーボ」はヒトの免疫力を使ってがんを死滅に追い込む画期的な新薬だ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報