/

この記事は会員限定です

高額薬、費用対効果なぜ必要? 医療保険財政を圧迫

[有料会員限定]

厚生労働省が薬の費用対効果を価格に反映させるしくみを巡る議論を進めている。日本にはなかった制度をなぜいまつくる必要があるのか。主な論点をまとめた。

Q 議論を始めることになった理由は。

A 「超高額薬」の登場が相次ぎ、医療保険財政を圧迫している点が大きい。投薬する場合は自己負担もするが、税金や保険料にも費用負担が回る。抗がん剤「オプジーボ」はヒトの免疫力を使ってがんを死滅に追い込む画期的な新薬だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り603文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン