パンダが語るベルリン史 ドイツ
時代映す動物園、冷戦期は東西対立も

2017/10/31 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ベルリン動物園に2017年夏、2頭のつがいのパンダがやってきた。お披露目式典では中国の習近平国家主席とドイツのメルケル首相がパンダと一緒ににっこり。動物園の人気者にはどこか政治の臭いがつきまとう。振り返れば、ベルリンの動物園はナチスの時代や東西冷戦、ベルリンの壁崩壊などの歴史を鏡のように映してきた。市民の憩いの場は時代とどう向き合い、移り変わってきたのか。

「パンダがいたよ」「残念、寝ているみた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]