/

「米国、4分の1の確率で軍事行動」アーミテージ氏

日経・CSISフォーラム

【シンガポール=中野貴司】リチャード・アーミテージ元米国務副長官は25日、日本経済新聞社と米戦略国際問題研究所(CSIS)などが共催するフォーラムで北朝鮮情勢に関し「米国は約4分の1の確率で(戦力の大幅増強を含めた)軍事行動に打って出る可能性がある」と述べ、緊張の高まりに懸念を示した。

11月に予定する米韓首脳会談に関しては「トランプ大統領と人権派の弁護士だった文在寅(ムン・ジェイン)大統領はかなり相いれない部分がある」とも指摘。堀井巌外務政務官は「北朝鮮に対する圧力を最大限まで高め、北朝鮮の政策を変えさせる必要がある」と日本の立場を説明した。

シンガポールのムハマド・マリキ・オスマン上級国務相(外交・防衛担当)は討論会に先立つ講演で「朝鮮半島の緊張を和らげるため、主要関係国が早期に意味のある対話を再開することを望む」と訴えた。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン