2019年7月18日(木)

EV続々、AI搭載車も登場 東京モーターショー公開

2017/10/25 10:11
保存
共有
印刷
その他

「第45回東京モーターショー2017」が東京ビッグサイト(東京・江東)で25日、報道陣向けに公開された。トヨタ自動車をはじめ各社は電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)のコンセプト車といった次世代エコカーを展示する。人工知能(AI)搭載車など最先端の技術も見どころとなる。27日に開幕し、一般公開は28日から11月5日まで。

東京モーターショーには、世界10カ国から153の企業や団体が参加する。トヨタはAIやコネクテッド技術で運転支援するコンセプトEV「トヨタ コンセプト愛i」のほか、販売する量産型FCV「ミライ」に比べて航続距離を5割伸ばしたFCV「ファイン―コンフォート ライド」を展示する。

25日午前に記者会見したトヨタのディディエ・ルロワ副社長は「電動化はモビリティー(移動社会)の未来を変える。真の環境への貢献は車が普及してこそ意味がある」と様々な電動車の開発を加速する考えを示した。

ホンダはスポーツタイプのコンセプトEVを世界で初めて披露する。日産自動車はEV「リーフ」をベースとしたスポーツブランドのコンセプト車を出展する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。