元米海軍作戦部長「北朝鮮、専守防衛だけでは不十分」
日経・CSISフォーラム

2017/10/25 11:00
保存
共有
印刷
その他

【シンガポール=木寺もも子】日米やアジアの有識者が安全保障の課題などを話し合う「アジア太平洋地政経済学フォーラム」が25日、シンガポールで開かれた。基調講演したゲイリー・ラフヘッド元米海軍作戦部長は北朝鮮の核・ミサイルの脅威に触れ「専守防衛だけでは十分ではない」と強調。米国や同盟国は武力行使のシナリオも視野に入れるべきだと述べた。

アジア太平洋地政経済学フォーラムで基調講演するゲイリー・ラフヘッド元米海軍作戦部長(25日午前、シンガポール)=柏原敬樹撮影

フォーラムは日本経済新聞社、米戦略国際問題研究所(CSIS)とリー・クアンユー公共政策大学院が共催。中谷元・元防衛相やマイケル・グリーンCSIS上級副所長らが出席した。

ラフヘッド氏は核・ミサイル問題の解決にあたっては「過激な言動は避けるべきだ」とも指摘。ツイッター発信などを通じたトランプ大統領の挑発的な言動は良い効果をもたらしていないと語った。

中国がベトナムやフィリピンなどと領有権を争う南シナ海情勢では、共産党大会を終えた習政権が海洋での活動を活発にする可能性があると説明。「米国による『航行の自由作戦』だけでは抑止力にならない」として、サイバー技術などの活用の必要性を訴えた。日本やインドとの連携の重要性も強調した。

トランプ米政権が離脱を表明した環太平洋経済連携協定(TPP)については、安全保障での連携強化にもつながる点を指摘。「TPPが復活しなくても、米国は貿易が安全保障に果たす役割について見直す必要がある」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]