/

マダニ感染症、増加傾向 発生地域拡大の懸念も

マダニが媒介する感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の感染者が増加傾向だ。国立感染症研究所によると、今年の感染者数は2013年以降で最多。マダニが付着した野生動物の移動に伴って感染地域が広がる懸念もあり、厚生労働省は注意を呼びかけている。

感染研によると、9月末時点の感染者数は74人。そのうち6人は重症化し、死亡した。SFTSが保健所への届け出の対象となった13年の感染者は40人、14~16年は60人前後だった。

増加の要因ははっきりしていないが、厚労省の担当者は「マダニに寄生されたシカなどの野生動物が山を下りて人家の近くに出没するようになったことが考えられる」と分析。症状が一般に認知された結果、医療機関からの報告が上がりやすくなったことも背景の一つだという。

SFTSは11年に中国で発見された。日本では13年に初めて患者が報告され、隣国の韓国でも感染者が出ている。

初期症状はだるさや発熱などで、1週間前後で意識障害が起きて重症化することもある。症状が風邪に似ているため、患者本人がSFTSだと気づかないことが多いという。

感染の報告はマダニの活動が活発な3月から11月ごろまでに集中する。致死率は約20%とされ、特効薬はない。13年から今年の9月末までに、50代以上の55人が死亡した。これまでの感染者は、ウイルスを媒介するマダニが多く分布する西日本に限られている。

だが、東日本にいるマダニからもウイルスが検出され、東北などに生息するシカやイノシシなどの野生動物からもSFTSに感染していたことを示す抗体が見つかっている。

厚労省は将来的に感染地域が今より広がる可能性があるとみている。同省は今年から、SFTSやダニ媒介脳炎など、ダニが媒介する感染症を予防するためのポイントをまとめたポスターやリーフレットを作製し、都道府県に配布。症状の周知などの啓発に取り組む。

   ◇

犬猫からの感染で関心高まる

森や草原に生息するマダニに人が直接かまれることで感染すると考えられていた重症熱性血小板減少症候群(SFTS)。最近になって犬や猫など身近な動物を介して人に感染することが確認され、関心が高まっている。

昨年、西日本に住む50代の女性が衰弱した野良猫にかまれ、SFTSを発症して数日後に死亡。マダニにかまれなくても、SFTSウイルスを持った動物の唾液や血液などを通じて人に感染することが初めて確認された。

今年6月にも体調を崩した飼い犬を看病した徳島県の40代男性が感染。下痢や発熱の症状が約1週間続いた。

厚労省によると、マダニが少ない都市部の犬猫は外飼いでもSFTSウイルスに感染する可能性は低い。ペットからの感染は極めて珍しいケースだが、同省はペットが体調を崩したら動物病院を受診するように注意喚起している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン