アインシュタインの手書きメモ、2億円で落札

2017/10/25 10:00
保存
共有
印刷
その他

【エルサレム=共同】1921年にノーベル賞を受賞した物理学者、アインシュタインが翌22年に来日して東京の帝国ホテルに滞在した際、メッセージを届けに来た日本人の配達人にチップ代わりに渡した2枚の手書きメモが24日、エルサレムで競売にかけられ、手数料と合わせて156万ドル(約1億7700万円)と24万ドル(約2700万円)で落札された。

 24日、エルサレムで競売にかけられたアインシュタインのメモ(ロイター=共同)

156万ドルで落札されたメモは帝国ホテルの便箋に「静かで節度のある生活は、絶え間ない不安に襲われながら成功を追い求めるよりも多くの喜びをもたらしてくれる」と明記。科学的な価値はないが、幸福に関するアインシュタインの考え方を示すものとして注目されている。

もう1枚のメモには「意志あるところに道は開ける」と書かれていた。

出品したのは配達人の親族。ドイツ語で記された2枚の手書きメモについて、アインシュタインは配達人に「あなたが幸運なら、これらの紙は通常のチップよりずっと価値があるものになるだろう」と語ったという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]