/

この記事は会員限定です

商工中金、4700件・97店で不正 調査の全容判明

[有料会員限定]

政府系の商工組合中央金庫(商工中金)の危機対応業務を巡る不正を受け、同社が実施した全件調査の報告書案の全容が判明した。全100営業店のうち97店、約4700件の不正を認定。危機対応業務以外でも預金口座開設などで不正が発覚した。不正を見逃した経営陣の責任は「重大だ」と結論づけた。

報告書案は外部の弁護士らを交え、経済産業省、財務省、金融庁と作成。不正に関与した関係者の処分とともに近く発表する。安達健...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り413文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン