2019年7月16日(火)

商工中金、4700件・97店で不正 調査の全容判明

2017/10/25 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府系の商工組合中央金庫(商工中金)の危機対応業務を巡る不正を受け、同社が実施した全件調査の報告書案の全容が判明した。全100営業店のうち97店、約4700件の不正を認定。危機対応業務以外でも預金口座開設などで不正が発覚した。不正を見逃した経営陣の責任は「重大だ」と結論づけた。

報告書案は外部の弁護士らを交え、経済産業省、財務省、金融庁と作成。不正に関与した関係者の処分とともに近く発表する。安達…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。