宝石サンゴ、取引規制の機運 事業者負担増加も

2017/10/24 22:11
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

宝飾品材料のサンゴ(宝石サンゴ)の取引が国際的に規制される可能性が出ている。宝石サンゴは養殖が難しい一方、中国などで人気が高い。値上がりで採取量も伸び、絶滅の恐れも指摘される。産地の自治体では過剰採取の防止に乗り出しているものの、規制が強まると取引量の減少につながりかねない。

「サンゴは減っているので値上がりしますよ」――。10月上旬、都内の百貨店で開かれた宝飾品の展示会。アカサンゴの首飾りが並…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]