/

「オール福井」、LINEで発信 福井市の商業者が連携

福井市の大型店や商店街の団体が24日、共同の販促組織「オールフクイ実行委員会」を結成した。ビジネス向けのLINEアカウント「LINE@」で情報発信したり、共同で販促を企画したりする。隣県の大型商業施設への顧客流出が懸念される中、普段は競争関係にある同市のライバル店舗が連携し、地元に顧客を囲い込むのが狙いだ。

同委員会には西武福井店、「エルパ」や「ベル」、「パリオCITY」のそれぞれの運営事業者、市商店街連合会、食品スーパーのヤスサキ(福井市)などが参加した。委員長には西武の大野仁志店長が就任した。

活動の目玉は同日から始めたLINE@での情報発信だ。それぞれのキャンペーンや催事をまとめてPRする。登録者には毎月3人に1万円相当の賞品が当たるほか、登録者限定のクーポンなども計画する。登録方法はLINEアプリから検索したり、近く主な店舗で配るチラシのQRコードを読み込んだりする。

今年3月、石川県小松市にイオンモール新小松が開店し、福井市の商業者から顧客流出を心配する声が出ている。大野委員長は「福井の中で買い物してもらう楽しみを委員会のメンバーで考え、企画や情報発信につなげたい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン