/

トルコ首都の市長が辞任表明 大統領が圧力

【イスタンブール=佐野彰洋】トルコの首都アンカラのギョクチェキ市長は23日、28日付で辞任すると表明した。ギョクチェキ氏は与党・公正発展党(AKP)所属で5期連続当選したベテラン政治家。2019年まで任期を残していた。

大統領に権限を集中する憲法改正に関する4月の国民投票を巡り、エルドアン大統領はアンカラで反対が優勢だった責任を問い、繰り返し辞任を要求していた。ギョクチェキ氏は辞任を拒む意向を示して抵抗していた。最大都市イスタンブールの市長も9月、同じ事情で辞任した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン