/

映画は催し物場で、小田急百

小田急百貨店新宿店(東京・新宿)は11月1~6日、本館11階催し物場で映画を上映する。開店55周年を記念したイベントで、短編映画約40本のほか、デジタルコンテンツ専門学校のHAL東京(同)の学生が手掛けた作品を上映。ビールなども販売する。買い物客や会社員らの気分転換に役立ててもらう。

映画を上映する催し物場(東京都新宿区)

イベント「小田急ショートショートシアター」は原則として無料で鑑賞できる。開催時間は午前10時~午後8時半。照度を落としたフロアにレッドカーペットを敷き、映画館の雰囲気を演出する。映画を見ながら楽しめるビールやポップコーンなども販売する。

作品1本当たりの上映時間は30~45分程度。HAL東京の学生の作品は5本紹介し、人気投票をする予定だ。

3つのスクリーンを設けるほか、全作品をタブレット端末で見られるコーナーも設置。特殊なメガネを装着し、仮想現実(VR)を体験できる「VRシアター」も600円で楽しめる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン