/

この記事は会員限定です

「情けない」 民進の落選議員、希望合流悔いる

[有料会員限定]

民進党から希望の党に合流しながら衆院選で落選した議員が、支持者らへの謝罪や釈明に追われている。政策の違いを超えて手を組んだが、支持を広げることはできず、合流議員の4割超が落選した。「曖昧な立ち位置が敗因」「失望した」と支持者らの不満は強い。秘書たちは次の職場探しに走り出した。

北海道2区で希望の党から出馬し落選した松木謙公氏(58)は24日、支援者の自宅などを回り、何度も頭を下げた。「情けない。野...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り928文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン