/

この記事は会員限定です

独自合金使う立体成形、複雑な形を短時間で

[有料会員限定]

日本鋳造は熱による膨張をほぼゼロにした合金を3次元(3D)プリンターで立体成形する技術を開発した。鋳物や切削加工による成形に比べ、超精密機器に必要な部品を複雑な形状で成形できるうえ、試作品などを短時間で作れる。新開発の技術で超精密光学機器や半導体製造装置向けなどの部品加工を請け負う方針だ。

同社が2014年から手掛ける熱膨張ゼロ合金「LEX-ZERO(レックスゼロ)」を利用する。鉄やニッケル、コバルトの合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り243文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連キーワード

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン