/

この記事は会員限定です

大東建、ブーム一服で問われる真価 新規開拓が課題

証券部 和田大蔵

[有料会員限定]

東京株式市場で大東建託の成長シナリオに懸念が広がっている。2018年3月期の連結純利益は7期連続で過去最高となる見込みだが、2015年の相続増税をきっかけとする賃貸アパートの建設ブームには陰りが見え始めた。強みである営業力への評価も揺らいでいる。

賃貸アパート建設は15年の相続増税をきっかけに全国で広まり、16年の日銀のマイナス金利導入が拍車をかけた。だが金融庁によるアパートローンの監視強化などを受け、業界全...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り984文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン