/

この記事は会員限定です

ホンダ、高圧水素の新ステーション 18年から設置

[有料会員限定]

ホンダは2018年から燃料電池車(FCV)に高圧水素を供給する新型の水素ステーションを全国に設置する。現行型の倍の圧力で水素を充填できる。地方自治体などと協力して20年までに全国100カ所程度に整備を目指す。水素のインフラ整備の遅れが課題だったFCVの普及に弾みをつける。

ホンダは太陽光などの再生可能エネルギーで発電した電気で水を分解する「スマート水素ステーション(SHS)」の設置を14年から開始。これ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り407文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン