/

有機ELパネル、22年に生産能力4倍に IHS予測

英調査会社のIHSマークイットは24日、世界の有機ELパネル生産能力が2022年に17年比4.2倍の5010万平方メートルになるとの予測をまとめた。有機ELは米アップルが11月発売のiPhoneX(テン)に採用するなど普及が進んでいる。成長市場を狙い、韓国や中国のメーカーの増産投資が相次ぐ。

用途別にみると、主にスマートフォン(スマホ)に使う「RGB方式」のパネルが同3.6倍の3190万平方メートルに増える。アップルに供給する韓国サムスンディスプレーに加え、京東方科技集団(BOE)や華星光電(CSOT)といった中国メーカーが能力を増やす。

テレビに使う「白色方式」のパネルは同6.1倍の1820万平方メートルとなりそうだ。市場シェアの大半を占める、韓国LGディスプレーを中心に能力増強が続く。

スマホ向け有機ELのうち、平面型のパネルは液晶との競争で価格が下がっている。折り曲げられるパネルは差別化が可能で「極端な値崩れは想定していない」(同社の早瀬宏シニアディレクター)という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン