対北朝鮮、軍事手段の議論は? 古庄氏「首脳同士なら当然」
柳沢氏「交渉路線へかじを」

2017/10/24 22:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日米首脳会談で北朝鮮への対応が主要議題となる。米国の軍事行使の可能性や、その内容を詳細まで話し合うかの見立ては有識者でも分かれる。

古庄幸一元海上幕僚長は「公表されるかどうかは別として、一国のリーダー同士が万が一に備えた話し合いをするのは当然だ」と指摘する。万が一とは、北朝鮮が予告している米領グアム周辺への弾道ミサイル発射などが引き金となり、米軍が軍事手段に打って出る場合だ。

古庄氏は米朝開戦に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]