/

ガリガリ君、今度は「温泉まんじゅう味」 東北支援で

温泉まんじゅう味で東北応援――。赤城乳業(埼玉県深谷市)は24日、「ガリガリ君リッチ 温泉まんじゅう味」を31日から全国発売すると発表した。山形県天童市や天童温泉協同組合が協力、東北6県の温泉地を応援するため企画した。同社の地域応援商品としては、山梨県の桔梗屋、熊本県の「くまモン」に続く全国第3弾の商品となる。

「温泉まんじゅう味」は、黒糖風味アイスキャンディーに温泉まんじゅうの皮をイメージした風味・食感のスポンジやこしあんなどを入れた。驚きの味、意外性に挑戦したという。希望小売価格は130円(税別)。販売後2カ月で500万本の販売を見込む。

赤城乳業はミカンの果肉入りアイスキャンディー「ガツン、とみかん」の原料の缶詰ミカンを角田商事(山形県寒河江市)から供給を受けており、山形県との縁は深いという。今回の新商品の温泉まんじゅうの皮も日東ベストから供給を受ける。赤城乳業はガリガリ君年間4億本を販売しているが地域応援商品は全体を上回る好調な売れ行きという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン