/

この記事は会員限定です

タイ大手銀行、経済回復基調も2期連続減益

[有料会員限定]

【バンコク=小野由香子】タイ大手銀行5行の2017年7~9月期の決算が出そろった。純利益の合計は396億バーツ(約1350億円)と前年同期比14%減となった。タイ経済は今年に入り輸出や国内総生産(GDP)が改善し、回復傾向にある。だが、銀行の不良債権は依然高水準で収益を圧迫しており、貸し倒れを警戒した「貸し渋り」も指摘されている。

大手銀の減益は2四半期連続。国営クルンタイ銀行の減益幅が同32%減...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り411文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン