「メリハリ消費」鮮明に 4~9月小売店売り上げ、高級時計・宝飾品は好調

2017/10/24 16:48
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

低価格志向と高額品の需要増という「選別消費」が鮮明だ。日本チェーンストア協会が24日まとめた4~9月の全国スーパー売上高は既存店ベースで前年同期比0.6%減り、同期間としては2年連続のマイナスだった。食品や日用品は節約志向が依然根強い。一方で百貨店は高額品の販売が伸び、2年ぶりのプラスとなった。

日本チェーンストア協会には総合スーパー(GMS)や食品スーパーのほか、衣料品・家具の専門店など小売業…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]