2018年12月17日(月)

京葉銀行、アプリで他行の利用履歴も管理

2017/10/25 1:31
保存
共有
印刷
その他

京葉銀行は同行のスマートフォン(スマホ)向けアプリに、他の金融機関の取引やクレジットカードの利用履歴も表示できる機能を加えた。これまでは同行のインターネットバンキングに限っていたが、資産管理アプリを運営するマネーツリー(東京・渋谷)の家計簿アプリと連動して利便性を高めた。

新しい機能は京葉銀のスマホ向けアプリに組み込む。国内2600社以上の銀行口座やクレジットカード、電子マネーなどのデータをまとめるシステムと接続する。

マネーツリーのアプリは、銀行が持つ取引先の情報を外部へ提供する仕様「API」を通じて顧客の口座情報を照会する。APIを使えば利用者がアプリ運営者にIDやパスワードを預けずに口座情報を照会できるようになり、サービスの安全性が高まるという。

2018年春に施行する改正銀行法では、金融とIT(情報技術)が融合したフィンテック事業者に対し、銀行システムへの接続仕様を公開する「オープンAPI」の整備を求めている。同行は今後もAPIを活用したフィンテック関連サービスに力を入れる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報