/

この記事は会員限定です

スタートアップが開発 治療アプリ、相次ぎ治験に

[有料会員限定]

スタートアップ企業がスマートフォン(スマホ)のアプリで患者の生活習慣を指導する治療法の臨床試験(治験)に相次ぎ入る。キュア・アップ(東京・中央)は10月に国内初の禁煙治療アプリの治験を始めた。サスメド(同)も年度内に不眠症治療で治験を開始する。薬や医療機器に続く第3の治療手段としての普及を目指す。

キュア・アップが開発したのは禁煙治療アプリ「CureApp 禁煙」。医師が対面で患者を指導する認知行...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り871文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン