イシグロ氏、今回は文化勲章で選外

2017/10/24 13:00
保存
共有
印刷
その他

2017年のノーベル文学賞受賞が決まった長崎市出身の英国人作家、カズオ・イシグロ氏は17年度の文化勲章の受章者に選ばれなかった。文化勲章は、その年のノーベル賞の受賞決定者が未受章の場合、同じ年に贈られることが多い。

文部科学省は「ノーベル賞は選考における客観的評価の一つだが文化勲章の選考過程や対象者、理由についてはコメントを控える」としている。

文化勲章は1937年度に制度が始まり、国家に貢献した人に授与される。外国籍でも受章でき、ノーベル賞受賞者では故南部陽一郎氏(米国籍、08年物理学賞)と中村修二氏(同、14年物理学賞)が受章。日本文学研究のドナルド・キーン氏は日本国籍を取得する前の08年度に受章した。

ノーベル賞受賞者で文化勲章を受けていない日本人は故佐藤栄作元首相(74年平和賞)と大江健三郎氏(94年文学賞)。大江氏は受章を辞退したと明らかにしている。江崎玲於奈氏(73年物理学賞)は翌年に文化勲章を受章しており、年度をまたぐケースもある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]