シンガポール首相、北朝鮮と「対話も必要」 米大統領と会談

2017/10/24 11:30
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=川合智之】トランプ米大統領は23日、ホワイトハウスでシンガポールのリー・シェンロン首相と会談した。会談後にリー氏は、北朝鮮の核・ミサイル開発について「手早く簡単な解決策はない」と指摘するとともに「圧力は必要だが、対話も必要だ」と述べた。

リー氏は「我々は北朝鮮の危険な挑発を非難する。地域や世界の平和と安定への深刻な脅威だ」と強調した。その上で「米国は日中韓やロシアと問題解決に取り組む必要がある」と対話による問題解決を促した。

トランプ氏は「我々は北朝鮮の脅威に対抗し、南シナ海の航行の自由を促進するために揺るがない責務を共有する」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]