2019年3月27日(水)

社保と成長の両立、女性や高齢者の労働参加必要 白書

2017/10/24 9:33
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省は24日、2017年版の厚生労働白書を公表した。「社会保障と経済成長」と題し、経済成長の観点から再分配を担う社会保障のあり方をまとめた。

高齢者1人を支える現役世代の人数は大きく減少している。白書によると、10年に高齢者1人あたり現役世代は2.8人いたが、15年には2.3人。団塊の世代が75歳以上になる25年には1.9人まで落ち込む。

一方で、女性や高齢者などの労働参加を進めれば、非就業者に対する就業者の人数は増加するとしている。15年は0.94人だった。経済再生や労働参加が進めば1人を超える。

厚労省は白書にあわせ、15年に実施した社会保障に関する国民の意識調査の結果も公表した。国民全体の60.6%が負担増はやむを得ないと考えている。給付引き上げのための負担増をやむを得ないと考えているのは13.2%だった。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報