/

この記事は会員限定です

衆院選で面目保つも… 愛知、混迷する「民進王国」

[有料会員限定]

自民党が圧勝した衆院選で、愛知県では民進党出身者が15の小選挙区のうち7議席を確保した。旧民主党時代からの「王国」の面目を保った形だ。ただ希望の党と立憲民主党、無所属への分裂で、地方組織との「ねじれ」は大きい。さらなる野党再編や地方組織がどうなるかは見通せず、県連や支持団体の労働組合からは地盤沈下を懸念する声も漏れる。

「これからが大変だね」。投開票から一夜明けた23日朝、愛知4区から比例復活した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り755文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン